シニア

変形性膝関節症の痛み|グルコサミンで解消

脳の働きを良くする

2人の女性

脳は人間に司令を与える役割があります。脳内の働きに必要な物質である「セロトニン」は、脳が健康で働く為に欠かせない物質です。最近は、セロトニン不足の人が増えてきた為に、「セロトニン欠乏症」と言われる症状に悩む人がいるのです。

セロトニンは刺激を与えられることで活発になります。規則正しい生活をしている人は、太陽を浴びているのでセロトニンも活性しますが、昼と夜が逆転している生活を送っている人は、太陽を浴びる時間も少ないので、脳に刺激を与えられずにセロトニンが減少してしまうのです。
セロトニン欠乏症になると、寝つけが悪い為によく眠ることができなかったり、気分が落ち込みやすくなったりする症状が発生します。そうなると、体の疲労を回復させることができないので、些細な事にも怒ってしまったり、常にイライラしたり、症状が悪化することでうつ病を引き起こす原因にもなるのです。

セロトニンは精神を安定させる物質となっているので、セロトニンが足りていることで、イライラ感をなくすことができますし、快眠をすることができるので疲労回復にもなります。
セロトニンを増やしたい人は、セロトニンの元となる栄養を摂取する必要があります。セロトニンには「トリプトファン」と「ビタミンB6」が材料となって合成されます。トリプトファンやビタミンB6を多く含んでいるかつおや大豆を積極的に摂取し、サプリメントで足りない栄養を補うことで、セロトニンの働きを活発にできます。